FC2ブログ

『笑顔の花』 5月31日(金)

「笑顔の花」

”笑う門には福来たる”とことわざでもあるように
笑う事には、様々な良い現象を引き寄せる効果があると言われていて
笑う事で癌が消滅したといったニュースも聞いた事があります。

仕事中にヘラヘラ笑い過ぎるのは、かんがえものですが、適度な
笑顔は優れたコミュニケーションツールになっていると思います。

聞いた話なのですが、ある新米営業マンが、ベテラン営業マンと
得意先に毎日出かけるのですが、ベテラン営業マンはバリバリの営業
話術で売り込みを行なっている横で新米営業マンは、何もできないので

来る日も来る日も、とにかく笑顔で立っていたのだそうです。
すると、不思議なことにある日を境にお客さまから話かけられるように
なり、やがては契約に至るまの成果をあげるようになったというのです。

お客さまに理由をたずねたところ、
同じ仕事を頼むのであれば、感じの良い方がイイから… という
回答があったのだそうです。

この例は極端なのかもしれませんが、確かに、物が同じであれば
このような感情が生まれるのは当然かもしれないなと感心させられた
ことを思い出しました。

たかが”笑顔”されど”笑顔”ですね!
スポンサーサイト



『円滑な人間関係』 5月30日(木)

「円滑な人間関係」

仕事では、お客様だったり同僚だったり、上司だったりと何かしら
自分以外の人間と向きあわなければならないものです。

仕事の成果は、各人の能力や熱意などだけで良し悪しが
決まるものではないのじゃないかと思います。
本文にもありましたが、どれだけ良好な人間関係をを築けるか

によっては、結果も大きく変わってくるだろうと思いますし
次の仕事にだって繋がっていくことも考えられるでしょう。
良好な人間関係を築く方法として最も有効じゃないかと

考えるのは、元気な挨拶です。
挨拶をされて、気分が悪くなったと言う人を聞いた事がありません。
挨拶は誠意のあらわれだと思うので、これからも自発的に

元気よく挨拶ができるよう心掛けていきたいと思います。

『後の祭り』 5月29日(水)

「後の祭り」

普段の生活習慣が原因となっているケースで、私の身近にも
該当者がいるので、今回の本文中のような事態になりはしないかと
ヒヤヒヤしているのですが、恐らく本人も このままではいけないとは

思っている筈なんです。実際にまだ痛い目に遭っていないので
いずれ…、つぎは…、と自分にそれらしい言い訳を作って納得させて
いるのでしょう。

ただ、その人の周りには、そうした結果後悔をすることとなった人を
1度は目の当たりにしている筈なんですが、対岸の火事 的な捉え方
しかできていないのでしょう。

もし自分がその人の立場だったらと考えることができるなら
後悔するような未来は来ないと思うのですが…

後悔を招くような結果が出る前に、注意深く状況をみる冷静さが
あれば、警鐘の鳴っている事に気付けると思います。

何事も原因があるからこそ結果が生まれるので後悔のない
毎日をおくれるよう行動したいものです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

『母の財布』 5月28日(火)

「母の財布」

両親への感謝の気持ちが切々と伝わってくる内容でした。
私自身は両親と離れて暮らしているとはいえ、車で30分も
あれば会いに行ける距離なので両親のありがたみを分かって

いないのかも知れません。
自分が親になって感じたことに、我が子は他のどの子よりも
愛おしく想えるということでした。

今では、子供を持つ親なら当然のことのように思うのですが
独身時代には、考えも及びませんでした。

子供は、何歳になっても親の子供であり、注ぐ愛情は不変なんだ
と思います。

ただ、子供の頃と違うのは、親をいたわることができる
はずなのに今までの恩を忘れてしまっている大人が多いの
ではないか?!という危惧です…

これを期に、両親への感謝の心を忘れずに日々の生活を
おくっていきたいと思います。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

『困った問題』 5月27日(月)

「困った問題」

どんな困難に遭遇したとしても、捉え方次第で
ピンチにもチャンスにもなりえると耳にすることがあります。

有名な話で、靴のセールスマンをご存知の方も多いかと思います。

2人の靴のセールスマンがアフリカに靴を売りに行く話なのですが…

1人のセールマンは、アフリカの誰一人として靴を履いていない状況を
見て、「こんな所で、靴なんか売れるわけがないじゃないか!」と
すごすごと引きあげてしまった。

ところが、もう1人のセールスマンはと言うと、
「誰1人として、靴を履いていないんだから売りたい放題だ!」と
目を輝かせたという話です。

物事を判断するときに、それぞれか経験したり学んだりしたことを
常識として判断すると思うのですが、その常識を超えたところに
こそ、チャンスがあるのかもしれません?!

何でもかんでも良い方に思考を持っていくのは違うように思いますが、
簡単に諦めてしまうことはしたくないですね!

『訪日団の歓迎会』 5月23日(木)

「訪日団の歓迎会」

普段、私達は自国の文化について深く考える機会は
ほとんどと言っていい程無いかと思います。

他国からみて称賛されていると耳にするのが、
礼儀の正しさや、きめ細やかな対応、親切さ などがあります。

日本以外の文化に触れる機会は、海外旅行などで
一時的には直接触れる機会があるかもしれませんが、
ほとんどが、テレビなどのメディアを通じて断片的に

知識として持っているだけの方がほとんどではないでしょうか?!
良くも悪くも、インパクトのある情報が優先的に伝えられている
場合が多く、その影響から偏見を持ってしまっている国も
あるでしょう…。

本文の趣旨からは反れてしまいますが、
物事の本質は実際に見て触れてみて初めて理解できる場合が
時にしてあります。

情報だけで判断し本質を見誤ることのないよう心掛けていきたいです。

『チャレンジ』 5月22日(水)

「チャレンジ」

新しいことに挑戦する時は、何らかの障害が伴います。
と、本文中にあるように人は、知らず知らずのうちに
自分の快適空間(コンフォートゾーン)を形成していて、

そこから出る事に不安や不快感を感じるように
なってしまっています。
平たく言うと自分の世界に篭ってしまうようになるんです…

"井の中の蛙大海を知らず"

まさに、こんな状態なんじゃないでしょうか?!
現状から一歩踏み出す事に不安を感じる事があるでしょう。
しかし、その行動で今まで知りえなかった世界や物事に
出逢える、だが…それには障害を伴う事もあるかもしれません。

「不安は、自分に出来る物事にしか感じない。」

この言葉の意味するところは、意外に大きいので
私自身も初めて聞いた時には唸らされたのを覚えています。

つまり… 
出来ないことには、不安さえ感じないのです。
出来ないことは、不安じゃなくて無理なんです…
結構深~くないですか!?

これって、私の行動指針にもなってたりするんですよね!

『最下位だろうと』 5月21日(火)

「最下位だろうと」

これより下は無い谷底の状況から這い上がってくるのは
並大抵の努力ではできないものですが、今日までの行動の結果が
「最下位」という事なので、これまでの行動を冷静に分析し、

どうすれば、1つでも上へと這い上がれるのか?!
自分が今できる精一杯の事をコツコツと積み重ねていけば、
自ずと結果はついてくると思います。

本文中にもありましたが、必ずしも自分一人だけの努力では
成し遂げられない事柄が(自分が)気づいていないだけであって
ほぼ全ての事にあてはまるのだと思います。
仲間や自分を取り巻いている人々のサポートをうまく活かす人が

人間的にも成長できている人のように思えます。
今自分があるのは、周囲のサポートがあってこその物なのだと
言うことを念頭に置いて、日々研鑽を重ねていきたいものです。

『働きがもたらすもの』 5月9日(木)

「働きがもたらすもの」


「働く」というのは、「傍(周囲)を楽にする」ことだと言われています。

この一文が、妙に心に突き刺さった…と言うか、なるほどな!と
関心させられました。

確かに、働いている本人は決して楽ではないでしょうが、その働きによって
家族であったり、知人だったり誰かが恩恵を受ける。と言うか幸せを
共有できるようになるのでしょう。

「○○のために」という思いは、形として目に見えるものではないですが、
その人の言動や行動に自然と表れてくるものだと思います。

「情けは人の為ならず。」と私自身も、子供の頃から親に言い聞かされて
いた事を思い出します。

同じ、「働く」のであれば結果(成果)は同じものであっても
「○○のために」という思いをもって得た結果には、「真心」という
付加価値がプラスされて「傍(周囲)を楽にする」ことに繋がっていくの
だろうと思います。

『雑巾』 5月8日(水)

「雑巾」

日本人に昔から親しまれてきたものの一例として、
「道歌」が取り上げられています。

「道歌」と聞くと馴染みがないですが、
五・七・五・七・七の和歌の形を聞くと幾分か身近に感じますよね!

耳馴染みのある句が、三句紹介されていますが、普段疎かにしがちな
行動を先人が和歌にしたものが、広く世間で共感を得てきたことで、
現代人にも当てはまるものとして浸透しているのでしょう。

人間としての基本的な物の考え方は、今も昔も変わっていないのだと
いう事を改めて教えられたような気がします。
プロフィール

daiyuu3210

Author:daiyuu3210
FC2ブログへようこそ!

「スポンサードリンク」
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR